SERVICE

超々軽量紙印刷技術

超々軽量紙印刷技術イメージ

「透けるほど薄い印刷物」で封入スペースや発送コストの限界に挑戦

通常の商業用オフセット輪転機で印刷できる用紙の坪量(紙厚)は40~130g/m²です。
今回、開発し、用途開拓を進めるものは『超々軽量紙』といわれる坪量40g/m²の用紙に印刷する技術です。従来の最も薄い紙の1/2の厚さに挑戦するもので、紙厚があまりに薄いため、従来の印刷工程では「しわ」や「破れ」が発生しやすく、印刷することが非常に困難であるため『超々軽量紙印刷』に取り組む会社は殆どありませんでした。
今回、当社と印刷機メーカーと共同で印刷機の改良に加え、製紙メーカーとも協力し、超々極薄でありながら、高不透明でかつ鮮明な印刷に成功しました。
今後、超々軽量紙に適した印刷物の用途開発に加え、低価格で情報を発信できるダイレクトメールの発送受託まで業務を拡大していく計画です。

利用例
説明書・約款冊子